myfxbookでpublisher形式のMT4接続設定をする方法

myfxbookでは、自分のMetaTrader4の取引履歴を取り込んでグラフ化したり、公開したりすることができます。 自分のMT4口座をmyfxbookに「接続」すればいいのですが、その方法には3通りあります。
  • AutoUpdate機能を使う方法・・・MT4の投資家パスワードをmyfxbookに設定することで、myfxbook側から自分のMT4口座に取引情報(オープンしているポジションや取引履歴)を取得します。
  • EAを使う方法・・・自分のMT4にEAをセットし、そのEAからmyfxbookにデータを送信します。インストールには.NET Framework3.5が必要です。
  • Publisherを使う方法・・・Publisherとは、MT4が持っているFTPでのファイル転送の機能を使って、定期的にmyfxbookのFTPサーバにデータをPublishします。
上から順におすすめですが、環境によっては、上記2つの方法が使えないこともあります。   私の場合も、
  • 自分の使っているFX会社が投資家パスワードの変更に対応していない
  • 自分の使っているVPS(VirtualPrivateServer。24H稼働させる、外部のレンタルサーバ)が2012R2で、.NET Framework3.5をインストールできない。
という理由から、3番目の「Publisherを使う方法」しか選択肢がありませんでした。 そこで今回は、あまりやることがないと思われる、Publisherを使う方法についてメモしておきます。  

ポートフォリオからアカウント作成

はじめに、myfxbookのメニューバーの「ポートフォリオ」から、「アカウント作成」を選択します。

  すると設定画面が開きますので、「アカウント作成」ボタンを押します。

  次に、接続の方式を選ぶ画面になりますので、「MetaTrader4(Publisher)」を選びます。 接続方式を選べばいよいよ、具体的な設定画面です。ここで、お使いのブローカーを選択し、お好きな名前(ポートフォリオ名)を入れます。 あとは適当に選択して、「保存」ボタンを押して、終了です。

  上記までで、ポートフォリオを作ることができました。 これで、口座の情報を受ける「アカウント」ができたことになります。ポートフォリオのアカウント一覧に下記のよう表示されますが、この「アカウント」の番号(※下記の場合は2..で始まっている番号)を次のMT4での設定に使用しますので、メモして控えておいてください。

次は、MT4側の設定で、口座の取引履歴などの情報を、このポートフォリオに送信する設定を行いましょう。  

MT4側の設定

MT4側では、FTPの設定を行います。MetaTrader4のターミナルの「ツール」⇒「オプション」を選択すると、下記のようなダイアログが開きます。

  このダイアログで、
  • FTPサーバー・・・「ftp.myfxbook.com:21」を入力。
  • FTPパス・・・空欄でOK。
  • FTPログイン・・・上記でメモしたアカウントの番号。
  • FTPパスワード・・・ご自分のmyfxbookのパスワード。
  • パッシブモード・・・チェックする。
  • FTP経由でレポートの自動パブリッシング機能を有効にする・・・チェックする。
のように設定します。 設定が終わったら、「テスト」ボタンを押してみましょう。すると、接続できるかを確認してくれますので、必ずチェックしてください。 チェックの結果は、MT4の下のタブの「操作履歴」に表示されます。

上記のように「Publisher: OK」となっていれば大丈夫です。 そうではなくエラーが出ていたら、もう一度設定を見直して「テスト」ボタンを押して確認しましょう。   以上で、Publiserの設定が完了です。 5分毎に更新されますので、確認してみてください。

こんな記事も関係あるかも

  • アルトコインの自動売買をしてくれるソフト「Quatloo」アルトコインの自動売買をしてくれるソフト「Quatloo」 ビットコインを自動で取引する方法を調査している中で、あらかじめ設定した条件に従って、アルトコインの自動売買を繰り返してくれる機能を持ったアプリがあったので、ご紹介。 もともと、自分で各取引所のAPIを使用して、エントリポイントを探し、チャンスがあれば自動で売買オーダーを出すサービスを作るつもりなのですが、海外の技術者はどんなロジックで売買を行っているのかなーと思って調査して […]
  • 【Bitcoin Galaxy】30分ごとに一回無料でSatoshiをゲット【Bitcoin Galaxy】30分ごとに一回無料でSatoshiをゲット Faucetは、ビットコインをもらいやすいところと、もらいにくいところがあります。 もらいやすいところというのは、広告が比較的少ないことと、英語だけど、どうすればもらえるのかが直感的に分かるところです。 反対に分かりにくいところだと、どうやればビットコインがもらえるのか、わざと分かりにくくしてあり、もらえると思ってクリックしたら広告だった。。なんてこともあります。 &n […]
  • 5分ごとにビットコインをゲットできて、ボーナスも多い【MoonBitcoin】 ただでビットコインをもらおうと、faucetサイトに行ってみたものの、どのボタンを押せばもらえるのか、わかりにくいといった経験、ありますよね。 広告収入で成り立っているfaucetなので、多くのサイトは広告がいっぱい貼ってあって、わざと分かりにくくしてあります。間違って広告をクリックしてくれたら利益になるのですから、当然ですよね。 ユーザも、ただでコインがもらえるので、広 […]
  • 【Daily Free Bits】1時間に一回無料でSatoshiがもらえる 「Daily Free […]
  • ePayはきちんと払い出しを続ける?自己責任で注視する必要あり ビットコインの急激な値上がりとそこからの下落に伴って、ビットコインに関連したサービスを行ってきた企業やサイトも、方針の転換を迫られているようです。 そんな中、Faucetのシステムを提供することで、誰でもFaucetのオーナーになれる仕組みを提供したり、そんなサイトを巡回することでビットコインを得る楽しみを提供してくれていた「ePay」にも不穏なうわさが出てきてしまいました […]
  • BitConnectプラットフォームから出金する方法 ステップ・バイ・ステップBitConnectプラットフォームから出金する方法 ステップ・バイ・ステップ BitConnectでレンディングをしていると、毎日利息がたまっていきます。複利の効果を得るために再投資しても良いですが、その方法は以前の記事に任せるとして、今回は「BitConnectでたまった利益をどのように引き出す(Withdraw)するか」について解説したいと思います。     出金までの大きな流れは上記の図の通りです。ダッシュボードの右 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ