再投資で利益を増やしやすい【HashFlare】の特徴

HashFlareはHashCoinsという暗号通貨に特化した企業が行っているクラウド・マイニング・サービスです。

HashCoins社は、2013年から暗号通貨事業を手掛けていて、経験豊富な暗号通貨やブロックチェーンのスペシャリストがたくさん在籍しています。また、60以上の企業と40万人以上の個人に対して暗号通貨のソリューションを提供していて、設立以来、順調に事業を大きくしています。

さらに、自社でマイニングを行うハードウェアも生産しているので、マイニングコストを安く抑えることができる⇒利益率が高いということも言えます。

そんな安定した親会社がバックについているHashFlareなので、技術的、社会的変化の激しい暗号通貨業界にあって、安定的に事業を継続してくれると思います。

 

再投資オプションと高い技術力が魅力!

【HashFlare】

Hashflare

確かな技術に裏打ちされた、使いやすくスマートなマイニングプランを提供

  • 支払いが確認出来次第すぐに採掘開始
  • 無期限の契約が可能(払い出しがずっと続く)
  • ハッシュレートをどのプールに参加させるか選択可能
  • メンテナンス料金や手数料が一目瞭然

 

HashFlareの概要

HashFlareのサイトは非常に安定してます。信頼できないクラウド・マイニング会社のサイトは、しょっちゅう止まったり、エラーが出たりしますから、これは重要なポイントです。

また、ダッシュボードと呼ばれる管理コンソールも使いやすいですし、採掘の利益や、購入の履歴が見やすいですね。

ダッシュボード

 

サイトは約11の言語に対応しています。日本語も含まれているので、英語が分からなくても、問題ありません。特に、購入時の画面が英語だったりすると、ちゃんと自分が意図したことををやっているか少し不安になってしまったりますが、日本語であれば安心です。

概要日本語

 

また、ユーザ登録やデポジット、引き出しもスムーズでセキュリティもしっかりしています。

 

 

HashFlareのココが良い

高い技術力と確かなセキュリティ

上でも述べたように、ブロックチェーンやコインをを採掘する機器(Miner)など、暗号通貨についての技術力は業界でもトップクラスです。加えて、顧客の資産を守るには、サイトも安定的で堅牢である必要がありますが、この点も十分だと思います。

セキュリティのオプションとして、2段階認証も可能ですから、必ず設定しておきましょう。

 

実体のある投資先

親会社もしっかりしており、長い間払い出しも継続しているので、あえて挙げる必要はないのかもしれませんが、中には実体を持たず、信頼できない会社もあるので、メリットと言えるでしょう。

 

自動で再投資できるオプションがある

HashFlareの特徴の一つとして「再投資」オプションがあることが挙げられます。これは、マイニングによって得られた利益を新たなハッシュレート(マイニング・パワー)の購入にあてる設定で、投資後、一定期間Onにしておけば、毎日の利益が少しずつ増えていきます

再投資設定

 

 

HashFlareで提供しているプランについて

2017年8月現在、HashFlareでは下の5種類のプランがあります。

どのプランも魅力的ですぐに始められますが、私のおすすめはビットコイン建ての2つ、「SCRYPT クラウドマイニング」「SHA-256 クラウドマイニング」です。この2つのプランは契約期限が「無期限の契約*」となっていて、マイニングで利益が出ている限り、ずっと契約が継続されます。暗号通貨の将来性を考えると、未来永劫とは言わないまでも、そこそこ長い間、利益が出続けると予想しています。

また、メリットのところでご紹介した「再投資」のオプションも、この2プランのどちらかに対して設定できるようになっています。

⇒HashFlareの公式ページでプランを確認

 

plan

 

 

 

 

こんな記事も関係あるかも

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ