暗号通貨で不労所得を得る手段がたくさんある【BitConnect】コイン

暗号(仮想)通貨で利益を得る方法はたくさんありますが、私が最近はまっているのがアルトコインの「BitConnect」です。イーサリアムやLitecoin、Moneroなどの陰に隠れて目立ってはいませんが、ICOされて以来、着実に時価総額、取引高を伸ばしてきているコインなんですよね。

BitConnectは「Self regulated Financial system」(自律的な経済システム)だと公式ホームページには書いてあり、そのゆえんは、いくつもの投資手段をコイン自体が持っているということのようです。

実際、BitConnectは大きく4つの手段で利益を得ることのできるコインです。その中の一つ、LendingによるInvest(投資)は利益効率が良く、最近の私のメインの利益獲得の手段になっています。

⇒BitConnectの詳細はこちら

 

BitConnectで利益を得る4つの方法

日本語ダッシュボード

 

公式ページで紹介されているBitConnectコインで利益を得る方法は、

  • Stake・・・公式ページからダウンロードできるBitConnect用のウォレットにコインを保管しておくだけで、一定の割合のBitConnectコインが得られます。
  • Invest・・・ユーザ登録して使えるようになるダッシュボードからLending(貸し付け)を行うことで投資できます。投資した金額に応じて、毎日利益が得られますし、貸付期間が終了すれば元本も戻ってきます。
  • Trade・・・通常暗号通貨のコインと同様に、コインを売買して差益を得る方法です。
  • Mining・・・BitConnectコインは自分のPCでマイニングもできます。

 

の4つがあります。どれも、暗号通貨の特長を生かした投資法ですが、中でも、私がメインで投資している方法は3つめのInvest(Lending)です。下記でもう少し詳しく説明します。

 

BitConnect Lendingの概要

BitConnectコインは、ユーザ登録して使えるダッシュボードから、貸し付け(Lending)を行うことができます。BitConnectプラットフォームに一定の金額を貸し付けると、そのお金はプラットフォームによって投資され、一定の期間運用されます。その期間、元本は動かせませんが、貸し付けた金額に応じて毎日利益が得られます。そのレートは日々のBitConnectのボラリティによって変動しますが、ここ一か月ほどの平均すると日利1%前後になっています。そして、貸出期間が終了すると、貸し付けたお金が戻ってくる仕組みになっています。

元本が戻ってくる形式の投資信託に似ていますが、レートは結構いいですよね。

下記はこの記事を書いたときの直近の5日の日利です。

レート

 

たまにボラリティがなく利益が出ない場合、0%の時もありますが、最近では、平均すると1%前後に落ち着いています。(※これは、ボラリティによります)

あくまでも、このレートで計算した場合ですが、貸し出した金額が$1000だとすると、毎日平均$10の利益が得られることになりますよね。$10って約1100円ですから、ひと月にはこの30倍になると気づいてしまったんです。。。

 

↓ ↓ ↓ ダッシュボードの利益受け取り履歴

利益

 

 

貸し付け金額とレート、元本返却までの日数

BitConnectのLendingは、以下のような表に基づいています。(※記事執筆時のものです。最新版は公式ホームページで確認してください。)

貸し付けの金額が大きければ、元本返却(Capital Back)までの日数が少なることが分かります。また、金額に応じて、日々の利益のレートが上のせされます。例えば、$1010以上だと、日々の利益に0.1%が上乗せされるということです。これがCapital Backまでの239日積み重なるので、かなり利益が上乗せされますね。

 

rate

 

 

リスクをどう見るか

はじめに、投資にはリスクがつきものなので、投資は自己責任でお願いします。下記は私がBitConnectに投資した私個人の考えです。

日利1%というと、かなりの高配当です。そんなの持つわけないという人もいるでしょう。ただ、BitConnectは、きちんとICOを済ませた暗号通貨で、記事執筆時の時価総額は世界14位です。MoneroやDashと肩を並べているということからもわかるように、かなりの取引量になります。

この時点で、お金を集めてそのまま消えてしまう詐欺HYIPとは違うのではないかなと思い、私は実際に投資し、順調に利益を得ています。

rate

 

実体がないのにお金を集めて、しばらくすると消える詐欺とは異なり、実体はあるということは確かだと考えられるので、あとはBitConnectという暗号通貨が、無くなってしまわなければ、利益は得られ続ける確率が高いと思います。また、約一ヵ月で3分の1の金額が回収できるので、投資したときに3か月以上の未来がこのコインにあれば、マイナスにはならないと考えました。

BitConnectが続く限り、毎日まとまった利益が得られるというのは結構夢のある話だと思ったんですよね。これこそ、暗号通貨という新しい時代の投資の醍醐味じゃないかと。

 

ユーザ登録は、以下 ↓ ↓ ↓のバナーから行けます。

⇒BitConnectユーザ登録はこちら

 

こんな記事も関係あるかも

3 Responses to “暗号通貨で不労所得を得る手段がたくさんある【BitConnect】コイン”

  1. […] BitConnectのLendingとは何か、Lendinigでどれほど稼げるのかを知りたい場合は、この記事も参考にしてください。 […]

  2. […] BitConnectのレビューと稼ぎ方はこちら BitConnectの公式ページはこちら […]

  3. […] tConnectってどれくらい信用できるの?と思った方は、暗号通貨で不労所得を得る手段を与えてくれる【BitConnect】コインについての記事を読んでみてください。また、具体的な登録・やり […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ